法人のお客様

コンサルティングサービス

経営におけるあらゆるリスクを一元管理

税金繰延

企業が思った以上に利益が出てしまい決算末を迎える段階で、節税(税金対策)をしなくてはならない!となった時に利用されるのが「保険」です。

保険を活用する方法はたくさんの手法があります。しかし、中には「保険は嫌い」「保険なんてケッタイな!」という方がいらっしゃいます。「保険が嫌いだ」と言う方の理由に、「どうせ、保険で節税(税金対策)しても、あれだろ!簿外に貯めた含み資産(=含み益)を表面化させる時、税金がかかるんだから、それだったら節税じゃなくて<利益の繰り延べ>だろ!」という意見があります。

一方で、次のように考えれば「保険って使えるなー。」と思えるはずです。

1.税務署は会社が苦しくなっても納めた税金を返してくれませんが、保険を活用して簿外資産として持っておけば、先々不測な出来事があった場合、その含み益を活用して会社を立て直すことができます。

2.節税にもなりますが、万が一の場合、死亡保障も付いていますので、やはり「保険」です。節税(税金対策)と同時に役員&社員の生命リスクにも備えることができます。

3.含み益を出すときに、損金性のもの(生存退職金や修繕費)に当てることができれば、それは繰り延べではなく、節税(税金対策)になります。

企業で経営者が、保険を掛けるというのは繰り延べ的要素もありますが、社員の生活も抱えています。十分な含み益を持ち先々の見えないリスクに対応し、経営者に万一のことがあったら保険本来の機能であなたをお守りする。そんな経営ができるのです。


経営におけるあらゆるリスクを一元管理

 

リブラス株式会社 Live(生きていくこと)に+(プラス)になる企業へ