個人のお客様

コンサルティングサービス

お客様視点で私ならこれ!をアドバイス

学資保険

学費を「貯める」「増やす」という意味では、無理して入らなくてもいいのではないかと思います。金利のよかった時代には学資保険で大きく増えたという話を聞きますが、今は低金利、大きく増やすことは難しい時代です。

ただ、将来進学にかかる費用を預貯金で準備するとなると、一家の大黒柱であるパパに万一の事があった場合、その時点で貯蓄が途絶えてしまう可能性があり、お子さんの夢・目標であった進みたい道を閉ざしてしまうことになってしまいます。ところが保険で準備すれば、パパに万一の事が起きてしまっても、必要な学費を確保することができます。

保険のメリットは、スバリ保障の機能が付くこと。契約者に万一のことがあった場合、保険金が支払われるもの、また、保険料が免除になったり、養育年金が支払われるものもあります。医療保障付きのタイプもあったりお子さんのケガや病気に備えることもできます。

デメリットともありますよ。保険ですから途中で解約することになると、当然戻ってくるお金は少なくなります。保険会社が潰れてしまう可能性もゼロではないので、お金を預ける先は知らない会社はいかがなものでしょうか?途中で支払いに困ることのないよう、あまり大きな金額を掛けないことですね。

このように預貯金と保険のメリット・デメリットをしっかり確認していただき、ご家庭に合ったものをお選びになることをオススメします。定期的に積立てるのが苦手な人でも保険だと半強制的に支払うことになるので、確実性が増しますよね。お子様が将来の夢に向かって勉学に励むことができるよう、着実に学費を貯めていっていただきたいと思います。


お客様視点で私ならこれ!をアドバイス

 

リブラス株式会社 Live(生きていくこと)に+(プラス)になる企業へ