社長!リスクの見える化できていますか?

リスクの見える化の手順

1 企業の業務を見える化をする

2 そこに潜んでいるリスクを一緒に洗い出しする
          ↓
    それが6BOXという手法です。

6BOXとは

弊社の社員教育として考案したリスクを伝える表。

抱えるリスクを「自分(自社)」と「他人」に分け、それぞれを「人」「モノ」「費用・利益」に分ける。すべてのリスクはその6つの箱に入るという考え方。

  1. シンプルでイメージがし易いという事を重視しました。
  2. 保険ではなく、リスクという観点で利用してください。
  3. したがって保険でお支払い出来ないリスクも記載させていただきます。

事例

建設業A社様

  モノ 費用・利益
自分 経営者の死亡・病気
 人材の確保
1労災事故
 社員教育の甘さ
 コンプライアンス
 ハラスメント
 下請けの確保
 下請けのケガ
所有財産への損害
工事中の建物への損害
管理責任のあるモノの損害
在庫品への損害
リース・レンタル品への損害
個人情報の漏洩
地震等の天災による損害
4売上減少
 事故による現座の休止
 工事遅延によるリスク
 手形
 従業員の休業費用
他人 3他人への損害
 騒音等によるトラブル
2他人の財物への損害
 公共物への損害
 工事物件引き渡し後の損害
工事遅延による休業損害、逸失利益
事故による休業損害・逸失利益

赤い数字はこの企業がリスクと思っている順位です。

業務フロー・6ボックス等のリスクメンージメントをご希望の方は弊社までお問い合わせ下さい。
 電話  0120-513-191  メール info@livelus.co.jp

 

リブラス株式会社 Live(生きていくこと)に+(プラス)になる企業へ